[レジェンズ]超次元共闘の絶対に知っておくべき攻略方法!

こんにちは!みらくろです。この記事は、2019年12月04日に実装された「超次元共闘」についての紹介記事です!

そもそも超次元共闘って?

超次元共闘は、自身の選択したキャラと、フレンドやギルドメンバー、もしくはランダムマッチで組んだバディと共に敵を倒す、というイベントです!

超次元共闘は、ストーリーの2部8章7話をクリアしないと挑戦できないので、済ませてない方は先に済ませてしまいましょう!

詳しくはゲーム内のお知らせを参照していただき、本記事では、実用的で、知っておいた方がいい情報のみをお伝えします!

パーティの編成

パーティの編成は、メインのキャラが1体と、サポートメンバー10体で編成します。

超時空共闘ではあまり体力と防御力は気にする必要が無いので、適正キャラをメインキャラにし、攻撃力をあげるZアビリティを持つキャラをサポートメンバーに編成するのがおすすめです。

バディの募集

超次元共闘において重要なのは、バディの募集です。

ギルドポイントの一つであるバトルポイントを稼ぎたいのであれば、ギルドメンバーをバディにすることで、ボーナスにより2人で80ポイント多めにポイントがもらえるため、非常に効率が上がります。

ただ、ランダムでバディを募集する際が問題です。

超次元共闘では、ランダムで募集した場合かなりの頻度で倫理観に欠けているプレイヤーに遭遇します。

全く適正じゃないキャラや、前回の適正キャラ、敵の色見えてないんか?ってキャラや、サイバイマンで来る人さえいます。

多くのプレイヤーは、全く勝ち目がなくてもあきらめてバトルを開始してしまうことだと思います。しかし、そこから脱出する方法が存在します。

マッチ後、絶対に勝てない、勝てるかわからない、というキャラが来た時、ホームボタンを押して約5秒待ち、再びアプリを開くことで相手とのマッチを切断することができます。

この方法ならばアプリを落とすことなくマッチを解消できるので、絶対に知っておくべき裏技です!

「切断はちょっと・・・」「相手に失礼じゃない?」と思う方もいるかもしれませんが安心してください。勝てないキャラで意気揚々と準備完了を押す相手の方がよっぽど失礼です。

この切断方法は相手にもそこまで時間を取らせないので、負い目を背負うことなく実用しましょう。

 ただ、バトルが開始してから切断するのは絶対に御法度です。超次元共闘では、たまたま相手のライジングラッシュや攻撃を集中的に受けて早いうちに倒されてしまう、ということもあります。

そうなると、味方に雀の涙くらいの支援ができるだけで、かなり退屈になってしまいます。

しかし、ここで切断すると、バディも強制的に敗北になってしまうので、多大な迷惑が掛かります。なので、最初から勝てないと思うバディならば、バトルが始まる前に見切りをつけ、バトルが始まってからは責任をもって最後まで戦い続けましょう。

※2020/03/20追記

現在では野良マッチングにマッチング解散機能が付いたので、マッチング解消が非常に簡単になりました!

1日の最初の3回は野良マッチングでクリアするようにしよう

毎日最初の3回は、キズナコインの限定報酬がもらえます。

さらに、野良でクリアすることによって、1回につき20枚のキズナコインが追加でもらえます。

野良でやるのはめんどくさい、という人も多いと思いますが、最初の3回だけは野良でクリアするようにしましょう。

バトル中に意識するべきこと

リンクを50%までためる

超次元共闘において重要なのは、いかに早く相手のシールドを割ること!・・・ではなく、50%以上リンクをためることが重要です。

なぜこれが重要かというと、超次元共闘では、シールド破壊時のリンクが50%以上で、ドロー速度アップが付与されるためです。

これが本当に重要で、50%までためれているかどうかで、一回のブレイクで倒せるかどうかがほぼ決まってしまいます。

カバーチェンジをしよう

じゃあどうやってリンクがたまるの?という方。一気にリンクをためることができる方法が1つあります。

それがカバーチェンジです。正確にはアシストアクションといいます。

バディが攻撃を一回もらい、バディが吹き飛ばされている時に、バディのアイコンに出てくる「!」マークを押すことで、共闘でもカバチェンをすることができます。

カバチェンをすることにより、なんと1回で20%のリンクがたまります。

お互いに1回ずつカバチェンをすることによって40%もたまるので、絶対にこのことは覚えておきましょう。

特に野良で共闘をする場合、多くの人がこれを知りません。なので、知ってるみなさんは最初は全く攻撃をせず、こっちがカバチェンできるまで待ちましょう。1回カバチェンをすれば、超高確率でリンクは50%を越えます。

ただし、カバチェンは攻撃を受けた側が攻撃を入れると発動できません。

自分が攻撃をもらったときは、バディがカバチェンしてくるまでなにも押さないようにしましょう。バディがカバチェンせず攻撃していたら、諦めて攻撃しましょう。

必殺技を打つタイミング

必殺技を打つにあたって、知っておかなければならないことが2つあります。それは、

1.シールドをクラッシュする前に打たない

2.コンボを一回切ってから打つ

です。

1つ目については、先ほど紹介したリンクを50%ためることと関係します。

必殺技をシールド展開中に打ってしまうと、相手のシールドが早く削れてしまいます。

そうすると、リンクが50%たまりきる前にクラッシュしてしまうダメージがもったいない、ドラゴンボールがたまりきらないというデメリットがあります。

せっかくカバチェンをしたのに、必殺技を打ったせいで50%たまりきる前にクラッシュしてしまった、ということがよくあります。クリア時間に大幅に関わってくるので、絶対にやめましょう。

ただし、2回目以降のシールド展開中に、クラッシュさせてからすぐに倒せるという目処が立っているならば、むしろ打って早く終わらせましょう!

2つ目については、ダメージ量に関係します。

このゲームでは、コンボが続くとダメージ量がどんどん減っていく仕様になっています。

そのため、特にダメージの多い必殺技や究極技は、一回コンボを外してから発動うことによって、威力が多い時で1.5倍くらい変わってきます。

コンボの外し方は通常のバトルと同じようにちょっと間を空けてから攻撃すればいいのですが、コンボが外れるタイミングが通常より少し遅いので注意しましょう。

ライジングは基本特殊アーツを選ぶ

これは多くの人がそうしているのですが、ライジングラッシュは基本特殊アーツ選ぶといいです。

理由としてはまず、つい前の行で述べた通り、多くの人がそうしているからです。

共闘では、選んだアーツが揃うと、ライジングラッシュの威力が強力になります。そのため、威力に偏りのある打撃、射撃や、威力の高い必殺ではなく、特殊アーツを選ぶ人が多いです。それに合わせましょう。

ただ、ライジングラッシュを打つ直前に特殊アーツを使っている場合があります。それを確認した場合は、バディが最も威力を出せるアーツを選択している場合が多いです。

射撃が強いキャラなら打撃アーツ、打撃が強いキャラなら射撃アーツを選ぶこと多いため、それに合わせましょう!(ライジングは選んだアーツ以外の3枚のアーツで攻撃します。)

ただし、アーツを揃えなくてもライジングが通れば勝てる、という場合は、わざと必殺アーツや、最大威力が出せなくなる方の打撃、射撃アーツを選んで、バディと選ぶアーツを合わせないようにしましょう。

アーツを合わせるとライジングを読まれるリスクがあるため、必ず倒せるときはバディと外すようにしましょう。

ただ、お互いそう思ってて必殺アーツが被ることがよくあります。

※03/20追記

ライジングを合わせて読まれるリスクを冒すよりは、毎回わざと合わせないで確実にライジングを当てる方がいい、という意見もありました!

アーツを合わせた時と合わせない時でダメージが倍以上変わる、とかでもないので、安定した周回目的やリスクを冒したくない方はこちらの方がいいかもしれないです!

※04/08追記

新たな要素として、二人同時にライジングラッシュを打つことによって、強力なライジングラッシュが打てるようになりました!!

今までは被ったら後発のやつが打ち消されてしまいましたが、今では威力もちゃんと2発分くらいでる強力なライジングラッシュを打てるようになりました。

この時の選択できるアーツは、打撃、射撃、必殺、特殊とすべてのアーツが選択できます。

自分がライジングを打つ時の注意

まず打つタイミングですが、バディが連続してアーツを入れていたら、バディとライジングのタイミングが被ってしまう可能性が高いです。

そのため、バディが打たないな、と確信してから打つようにしましょう。かぶってしまうと、あとから打ったライジングは無効になってしまうので注意です。

ちなみにバディがライジング打ったタイミングでカバチェンしても無効化されます。確か。

ライジングラッシュは、選んだアーツ以外の3枚のアーツで、バディ、自分、バディの順に攻撃します。

そのため、順番を考えて、最大火力が出せるようなアーツの選択をしましょう。

ただ、さっきも言った通り、基本は特殊アーツを選ぶのがベストです!

例えば、自分が射撃タイプでバディが打撃タイプの時、ライジング打った時のアーツが

打撃、射撃、打撃、射撃

となっているとします。この場合では、一番右の射撃アーツを選択することで最大火力が出せます。

逆に一番左の打撃アーツを選択すると、打撃タイプのバディが射撃を打って、射撃タイプの自分が打撃を打つことになり、威力がとんでもなく下がります。

アーツを選ぶときは、選ぶアーツの場所と種類をしっかり考えるようにしましょう。

 

バトル中に気を付けることは大体こんな感じです。シーズンごとに少し戦い方が違ってくるので、そこには注意しましょう。

キズナコインの交換

キズナコインの使い道は、主にマルチZパワーもしくはZENKAIソウルです。

ZENKAI覚醒のソウルブーストを進める際、ソウル集めのほとんどをキズナコインの交換で進めることが多いです。やろうと思っている方はあらかじめキズナコインを貯めておくとスムーズに進みます!

それ以外の方はマルチZパワーを優先的に交換しましょう。ガシャチケットや刻の結晶はかなり損するので、交換するのはおすすめしません。

ちなみにキズナコインの所持数は5000枚で、それ以降はプレゼントボックスに送られます。

シーズンを跨いでもキズナコインが無くなることはないので、安心してください。

小ワザ

共闘にはちらほら小ワザがあったりします。

ライジングキャンセル

バディがライジングを発動した際に、誤って自分もライジングを押してしまった場合、自分のが発動があとの時だけ、発動する前に挑発ボタンを押すことで、無効化されるのを防ぐことができます。

※04/08追記

2人同時でうてるライジングラッシュが登場したことにより、キャンセルする必要がなくなりました。

究極潰し

バディが究極技を発動しようとした際にカバチェンをすることで究極の発動を潰せます。

相手がLFを決めようとしている時で、カバチェンが発動できるタイミングだったら、時間短縮のために飛び蹴りしてあげましょう。

特殊なアシストアクション

超ベジットやLFフリーザ第一形態のような特定のアーツに対するカバチェン時にカウンターができるユニークアビリティを持っているキャラは、共闘でも発動することができます。

アーツドローは気溜めよりスライドの方がいい?

リンク50%を越えた時に気力がある程度あってアーツがない時は、気力溜めよりも前や斜め前にスライドした方が気持ちスムーズにプレイできる気がします。

ずっと俺のターン

バディと一緒に一定のタイミングで単発打撃を繰り出せば、相手に攻撃されずにずっと殴り続けることができます。

実用性はありません。

コンボの終わりは打撃アーツにするといい

吹っ飛ぶ距離が少ないからだそうです。同じギルドの人が言ってました。

ただ射撃アーツの方がコンボ数増やすため、威力的には落ちちゃう気もします。

まあ効率がいいんだと思います。詳しくはこの人に聞いてください。いろいろ有益な情報を検証してのっけてくれてます。

むぎちゃんのツイッターアカウント⇒https://twitter.com/Mugichan_mogi2

リンク10%以上で気力回復速度がアップする

こちらも同じギルドのすらいむさんが以前検証してくれていました。すごい人です。

おわりに

超次元共闘は、登場してすぐはただ殴りあうだけの単調なものかと思われていましたが、実際はかなりテクニックによって周回速度が変わるということがわかりました。

この基礎知識を知っている人が増えるだけで、かなりの人がストレスなく野良で共闘に行けるようになるので、ぜひしっかり覚えていってください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA