[レジェンズ]すごくトリッキー!LDHムーブの方法とメリット!

 

こんにちは、みらくろです。

今回は、LDHムーブについての紹介記事です!

LDHムーブとは?

有名なプレイヤーのLDHさんがよく使うムーブ、ということでこの名前がついています。

ちなみに乳酸脱水素酵素とは無関係です。Love Dream Happinessさんとも無関係です。名前の由来ではあると思いますが!!

タックルブーストを基調にした非常に応用に富んだムーブです。その分難しいので、使いたい方はしっかり覚えましょう!

タックルブーストの記事はこちら⇒[レジェンズ]重要!タックルブーストの方法とメリット!

動画なしで文字だけだと全くわけわからんと思います!動画と記事行ったり来たりしながら読んでもらうのがおすすめです!

動画はすべて高画質に設定して視聴してください

LDHムーブのやり方

基本の型

基本の型は、タックルブースト⇒横ステップ⇒前ダッシュです。

ここまでは全てに共通して、ここから多く派生します。

基本的に、LDHムーブは一番最後のアーツ、もしくはアーツを1枚残して使うことが多いです。

このムーブを使うことによって、その次の攻撃まで繋げる、または回避を使わせる、などのメリットが生まれます。

派生形1:そのままタックル

前ダッシュ後にそのままタックルする派生形です。コンボが繋がらないので、相手は打撃アーツか回避をすることができます。

バニシングを消費した状態でこれをすると、確定で打撃アーツを入れられてしまうので、絶対にバニシングがある状態でこの動きをしましょう。

この動きを後々の派生のプラフにすることもできます。

ただ、タックルの仕様変更によって単発打撃で合わせることができなくなったので、突っ込んでくる人が減ってしまいました。そのため、今はあまり相手を釣ることができなくなってきました。

コンボの終わりではなく、カバチェンが来そうなときにこの動きをしたら、カバチェン外しにもなります。これ結構使えます。

相手が打撃アーツを打ってきた場合

相手がこっちのタックルを見てから打撃アーツを入力していれば、回避することができます。

最速回避にはなりませんが、そこから回避読みが成功すれば、さらにコンボが繋がります。

キャラチェンして回避読みをすれば、失敗してもまた回避するチャンスが生まれたりもします。

相手がこっちのタックルを予想して打撃アーツを打ってきた場合、こちらは回避できません。

相手が回避した場合

タックルの仕様が変更してからはこっちのパターンが多いです。

相手が回避をした場合、相手の回避読みが失敗すれば、再びこちらが攻撃できます。

相手がキャラチェンしてまた回避する可能性があることも頭に入れておきましょう。そのため、回避させてライジング連打はおすすめしません。

また、相手が回避後即アーツを打ってきた場合は、ライジングよりも相手のアーツの方が先に入るので、一旦避けることに集中しましょう。

めちゃくちゃこっちの回避を見てくる相手ならライジング連打は刺さります。

この動きをした場合、時止めが非常に有効です。

時止めとはメインアビリティを使った場合に相手が回避していたら、その声が聞こえるのと動きがビタッと止まる仕様を利用して確定でアーツを入れるテクニックです。

特殊でもできますが、確実性は低いので、やり方がわからないうちはメインでの時止めのみにしましょう。

これはめちゃくちゃ刺さります。一番強い動きかもしれないです。

派生形2:気溜め回避

前ダッシュ後、その場でダッシュキャンセル気溜めをして回避をする派生形です。

相手が打撃、射撃アーツを入力していた場合最速回避になります。

ただ、先ほども言ったようにあまり釣れなくなってきたため、そこでコンボが終わることが多いです。

バニシングを消費したりするデメリットもないので、損をすることはありません。

ちなみに僕はめちゃくちゃ釣られます。

相手にこのムーブをされたとき、気溜め回避を読んで必殺やコンボの繋がる特殊アーツ(新ベジットやパーフェクトセルなど)を入れるとカウンターができたりもします。

この形もよく使います。

派生形3:気溜めメイン究極

これ頑張って動画撮ろうとしたんですけどだーーれも引っかかってくれないので諦めました。

ダッシュキャンセル気溜めからメインを発動します。「!」が出ていれば、ほぼ確実に打撃アーツなので、究極を直当てすることができます。

また、射撃アーマー持ちの究極であれば、射撃が来ても当てることができます。

タックルの仕様が変更されるまではボロボロ引っかかったんですけどね・・・最近はLDHムーブ使う人が増えたのも原因の一つかもしれません。

究極を持っていないキャラなら、究極の代わりにライジングを打つと、狙いのキャラを落とせる可能性もあります。

バニシングが無い状態でこの動きをすれば、引っかかる確率があがりますが、デメリットもあるので気をつけましょう!

派生形4:時止めタックル読み打撃

ダッシュキャンセル気溜め回避をしたとき、たまに相手にメインで時止めをされることがあります。

その時こちらの回避が見られていると、超高確率で相手はタックルで突っ込んできます。

なので、それを読んで打撃を待ってると、合わせることができることがあります。

時止めされることは少ないですが、されたときにはかなり刺さります。

派生形5:ダッシュ気溜めキャラチェン回避

これは今までと違ってバニシングが無い状態でする動きです。

バニシングが無い状態でLDHムーブをすると、多くのプレイヤーが打撃か射撃を打ってきてくれます。

そのため、そこでキャラチェン回避を入れれば、運が良ければ最速が取れます。

たまーに使います。覚えておいて損はないです。

派生形6:LDHムーブ読み回避読み必殺

これは難しいし使われる条件が限られてるので使うことはほぼ無いです。

相手がダッシュタックルを読んで回避するのを予測して、ダッシュキャンセル気溜めから必殺を直当てする技です。

難しいんでおすすめしません。

派生形7:近距離まで近づいて単発打撃

これはカウント稼ぎでしか使いません。

他の動きと違って近距離まで近づいて単発打撃をいれるだけです。これはコンボ繋がります。

待機カウントがまだぎりぎり足りないってときにはめちゃくちゃ重宝します。

派生形8¥:無限コンボ(CPUのみ)

CPUに対しては横ステップ⇒前ダッシュ⇒タックルを繰り返すことで無限にコンボを繋げることができます。

バニシングゲージ回復やアーツドローもされるので、CPUに全然勝てない!って人は使ってみましょう!

動画解説

解説する動画1

 

この動画を声入りで編集するのはかなり手間だし機材がないので、ここにいろいろと書いていきます。コメント欄にも軽い概要乗っけます!

45秒地点

ここではタックル突っ込んでからキャラチェンメインで時止めをしています。

キャラチェンするとちょうど回避のタイミングになりやすいのに加えて、時止め確実にしています。バニシングも回復してるので、万が一回避されてもチャンスがあります。

1分15秒地点

こっからめちゃくちゃ恥ずかしいゾーンです。ライジング弾かれ、相手のライジング必殺選んだら一発目から必殺打たれ、ライジング後に特殊ガン待ちしてたらミスりました。恥ずかしいです。

3分25秒地点

時止めタックル読み打撃です。よく見ればわかりますが、時止めされてる間に打撃アーツに手をかけています。

これで他のアーツだったら回避もできますし、タックルだった場合素早く反応できます。

3分35秒地点

ダッシュキャンセル気溜め回避です。やっとこさはまりました。これで最速回避が取れます。

最後はめちゃくちゃ情けないプレイしてます。見逃してください。

解説する動画2

 

こちらはカバチェン外しがうまくいった動画です。

劇場版は特にカバチェンが多いので、このムーブはかなりささります。

ちなみに、タックルブーストのメリットとしてアーツドローが早い、というのがあります。

33秒くらいのとこでは、ステコンだと打撃アーツが繋げられません。タックルブーストで早めに引くことで繋げられるコンボもあるのです

解説する動画3

 

こちらはかなりLDHムーブで翻弄することができています。

17秒地点

タックルで突っ込んで回避させてから、こっちが回避して再びコンボが取れています。終盤にこれができたらもうこっちのもんです。

33秒地点

ここはダッシュ気溜めキャラチェン回避の応用です。

特殊がありバニシングが無い状態でアルブウに交代することによって、相手がタックル、打撃で突っ込んできた場合確定でコンボが取れます。

アルブウはこの特殊があるおかげで、バニシングが無い状態の方がLDHムーブが刺さりやすいですし、無い状態でもデメリットが非常に少ないです。

アルブウ使いは絶対に覚えておいた方がいいでしょう。

まあ相手引っかからなかったんですけどね!悔しい!

44秒地点

ここは、LDHムーブを使わなかったのではなく使えませんでした。

タックルブーストはなんでかわからないんですけど、微ラグが発生する確率が高いです。

試合中ずっとラグくなるとかではないんで、相手にとってはメリットしかないです。それをわかったうえで使いましょう。

57秒地点

ここも2つ目の動画と同じように、タックルブーストを入れることでコンボが繋がっています。ステコンでは繋がりません。

1分8秒地点

ここでは、必殺を持っているため無理に回避しなくても、単発で止めておけば必殺で確定で落とせます。

セルの待機カウントも回復していないため、相手が必殺や特殊を打たない限りは確定で落とせます。

 

おわりに

このLDHムーブは数あるプレイスタイルの中でも最も応用が富んでいるプレイスタイルだと思います。

これが一番強い!と断言するわけではないですが、マスターできれば今のランキング1000位以内くらいは余裕でいけるようになるはずです。

操作が非常に難しいので、このプレイスタイルが強い!って思った方は練習して身につけましょう!

偉そうに書いてる僕も実際完璧に使いこなせてないんで、LDHさんがTwitterでフレマ募集してる時にチャンスがあれば挑んでみましょう。めちゃ強いです。

 

アイキャッチ画像には突っ込まないでください。

“[レジェンズ]すごくトリッキー!LDHムーブの方法とメリット!” への1件の返信

  1. これがLDHムーブなんですね。テクニック系は好きなので、何度も観てマスターしたいと思います。ありがとうござます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA