[レジェンズ]対CPU戦にて必須!コンボ外しムーブを紹介!

こんにちは!みらくろです。

今回は、コンピューターと戦う上で必須のテクニック、コンボ外しムーブについて説明します。

コンボ外しムーブとは?

コンボ外しムーブとは、フルフォースブーストやステップコンボなどのようにコンボを繋げるためのものではなく、コンボを外して攻撃を繋げることをいいます。

CPUに限り、コンボを外して一瞬の間は、回避やアーツを使わない、という仕様が存在します。(メインや交代や単発攻撃はする)

流行ったら修正されるかもしれないんで使えるうちに使ってしまいましょう。

ちなみに個人的には、コンボ外しムーブにはこきブ軸フルフォース軸があると思っています。それぞれどう違うのかとメリットデメリットを紹介します。

以前はタックル軸も存在していたのですが、バトルバージョンの変更により使えなくなってしまいました。

こきブ軸

こきたんブーストを軸にしたコンボ外しムーブは、攻撃した後コンボがぎりぎり繋がらない状態まで動かず、攻撃を繋げる方法です。

メリットとしては、打撃、射撃関係なく繋がるので、完璧にやればミスがおこりにくいです。さらにバニシングも回復できます。

デメリットとしては、こきブができない人にはかなり難しいのと、気力回復が少ない、フルフォース軸と違って応用がしにくい、という点があります。

フルフォース軸

こちらは、通常のフルフォースブーストを一段階伸ばして攻撃を繋げる方法です。

打撃アーツにはいつものフルフォース、射撃アーツにはいつものフルフォース+1段階の気力溜め、という感じです。

メリットとしては、フルフォースは体になじんでる人が多いので、こきブ軸よりは難易度が低めです。さらに、カードドローがわかりやすいのと、気力がかなりたまる、応用がすごく効く、という点があります。

デメリットとしては、最初に説明した近距離で通常のブースト+1段階気溜めでは、単発打撃に阻止されて射撃アーツが繋がらないことがあります。

そのため、射撃アーツを繋げる場合は、中距離でコンボを外さなければいけません。これがだいぶ難しいので、動画を参考にしてみてください。

打撃から繋げるならダッシュキャンセル気溜め、射撃から繋げるならこきブ軸で繋げる、というやり方がベターです。

まとめ

正直文字だけではなにを書いているかわからないと思います。

僕がYouTubeに投稿している動画で実際に使っている動画があるため、そちらを参考にしてください!

フルフォース軸の例

こきブ軸の例

てことで今回の記事は終わりです!ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA